ZEHへの取り組み|大阪 守口市で注文住宅を建てるなら株式会社アーバンコキタ
ZEHへの取り組み

年間の実質エネルギー収支をゼロに

温室効果ガスの増加に伴う地球温暖化や、東日本大震災より国内の電力供給への意識の高まりにより、エネルギーに対する問題が議論されています。2014年4月の政府のエネルギー基本計画住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す。とあり、標準的な新築住宅として推進しています。

ZEHとは?

ZEHとはNET ZERO ENERGY HOUSEの略で、今までの住宅で培われた断熱性能向上や省エネルギー機器や設備を導入することで消費エネルギーを抑制することで省エネルギー化を図ることに加え、太陽光発電等で消費電力以上の発電をすることでエネルギー収支を実質ゼロにします。余剰の電気は売電できるのでエネルギー収支をプラスにすることも可能です。

従来の住他の消費エネルギーに対し、断熱性能向上や省エネ機器による省エネ効果で消費エネルギーを抑え、太陽光発電等で消費電力以上の生産エネルギーを生み出すことによってエネルギー収支をプラスにするのがZEH(ZERO ENERGY HOUSE)です。

エネルギーを創る

「太陽光+蓄電システム」

太陽光発電で創ったクリーンな電気を、毎日のくらしにも、非常時にも有効活用できるリチウムイオン蓄電池ユニットを連携させた、「太陽光+蓄電システム」を採用しています。

太陽電池モジュール「HIT」

「HIT」は、発電量トップクラスを誇るパナソニック製の太陽電池モジュールです。

リチウムイオン蓄電池ユニット

太陽光発電の余剰電力や夜間電力を蓄電し、日常生活で効率的に放電することで光熱費を抑えるほか、非常時のバックアップ電源としても機能します。

太陽光モジュール「HIT」 とリチウムイオン蓄電池ユニットの連携による「太陽光+蓄電システム」

エネルギーを活かす

「スマートエコイエゼロ」による高い断熱性

北海道の次世代省エネルギー基準(Q値=1.6W/m²・K相当)をクリアしたダブル断熱「サーモロックシステム」により高い断熱性を確保した「スマートエコイエゼロ」。「サーモロックシステム」は、外壁の断熱に外張り断熱(サーモロック壁パネル)と充填断熱(ロックウール断熱材105mm)で家を外と内から包むダブル断熱、床にはサーモロック床パネル(フェノールホーム断熱材100mm)を採用しています。

PM2.5対応の新換気システム「ココチイーシステム」

建物内の24時間換気システムには、新換気システム「ココチイーファン」(パナソニック エコシステムズとの共同開発)を採用。高性能フィルターの採用により、PM2.5や花粉を約95%(※2)ブロックします。  高性能フィルターを通して新鮮な空気を室内に取り込むと同時に、涼しい外気を取り入れ夏の熱ごもりも解消します。また、窓を開けずに空気を入れ替えることができるので、エアコンが苦手な方にも最適です。

自動でエコするエコナビ搭載換気システムHEPA+ 冷暖房効果を高める家まるごと断熱(天井断熱+外壁断熱+基礎断熱)と外気に比べて夏涼しく、冬暖かいベース空間(床下)の空気を有効利用します

エネルギーをかしこく使う

「スマートHEMS」+「プライベート・ビエラ」

パナソニックの「スマートHEMS」は、家全体の消費電力や水道・ガスの使用量だけでなく、部屋ごとのエネルギー消費量も見える化して住む人の省エネ意識を高め、省エネ行動を促すシステム。エネルギー消費量が大きいエアコン・エコキュート・IHクッキングヒーター等の機器を自動制御し、電力消費のピーク時にはエネルギー消費を抑制する機能も備えています。

「プライベート・ビエラ」

コントローラーは、家中持ち運べる「プライベート・ビエラ」(住宅機器コントローラーモデル)を採用。「AiSEG」と連携することでエアコンや照明を遠隔操作でON・OFFできたり、窓・シャッター、玄関の電気錠等の対応機器もコントロールすることができるほか、テレビや録画番組を見たり、番組の録画予約も可能です。

「スマートHEMS」によってエネルギー消費量も見える化。プライベートビエラは「AiSEG」と連携して家電や電気錠等をコントロールできる住宅機器コントローラモデルです。

アーバンコキタの取り組み

株式会社アーバンコキタはZEHの普及に努め、2020年までに新築着工のZEH受注割合50%を目指します。

ZEHについてご不明な点等ありましたら、是非お問い合わせください。

実績報告についてはZEH弊社実績報告をご覧ください。